目じりの小ジワやシミを気にする女性

私たちが、基礎化粧品を選ぶときの一つの基準となるのが美容成分ではないでしょうか。

最近では、科学や技術の進歩もあって様々な成分が配合されるようになりました。

代表的なコラーゲンやヒアルロン酸、EGFやフラーレン、セラミド、プラセンタなどなど...

しかし、いったいどれを中心にして選んだら良いのか、メーカーによって配合される成分も違いますし、独自の理論を展開している場合もありますから、その基準というのは非常に難しいでしょう。

ここで、私がこれまで美容やアンチエイジングに関する書籍などから学んだことや、実際にオールインワンゲルを試し比べて感じた点から、コレだけは抑えておきたい美容成分についてお伝えします。

アンチエイジングのカギを握る美容成分『セラミド』

保湿化粧品に求める役割は2つです。

うるおいを与える保湿成分と、うるおいを閉じ込めるバリア成分です。

肌に抱え込む潤い成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸が代表的です。

(EGFやフラーレン、プラセンタは、コラーゲン生成を促す働きをします)

これらは、保湿成分として定番です。

次に、うるおいキープ力と外部からの刺激から肌を守るバリア機能に優れた成分です。

それは、セラミドです。

セラミドは、肌表面にある細胞と細胞の隙間を埋める役割を果たす「角質細胞間脂質」の一種で、セラミドを失うと角質層の水分量が著しく低下してしまいます。

セラミドの働き、図解。セラミドが不足した状態と満たされている状態の肌の保水力の違い

セラミドはコラーゲンやヒアルロン酸と同じように元々私たちの体内で生成される成分で、新陳代謝によって肌表面で作られています。

年齢を重ねて代謝が悪くなると、セラミドも減ってくるので、角質層から水分が逃げやすくなり乾燥しやすくなる原因の一つになります。

年齢を重ねるにつれ、乾燥しやすくなる原因の一つはセラミドの減少。

また、セラミドは角質細胞間脂質の一つであるように、脂質なので水には溶けませんが、水分と結合することでミルフィーユ状の層をつくります。これは『ラメラ構造』と言われる層で、ラメラ構造に取り込まれた水分は例え0℃になっても蒸発しないほどのキープ力があります。

基礎化粧品は「水分補給して、油分で閉じ込める」という順序がこれまでの常識でしたが、実は油分はそれほど水分保持力が高いわけでなく、たっぷり塗っても水分の蒸発を防ぐには弱いことが分かっていて、セラミドのように、水分を蓄える働きのある保湿成分のほうが効果的だと言われています。

与えるだけでなく蓄える肌作りとは

スキンケアする女性

基礎化粧品は、コラーゲンやヒアルロン酸にばかりを主張する各メーカーの広告も多く、どうしてもうるおいを補給するばかりに目が行ってしまいがちですが、肌表面に水分を挟み込んで乾燥から守る『セラミド』に着目したスキンケアコスメ選びが、肌の老化予防には最適です。

7種類の各セラミドの肌への働き

ガラスに遺伝子構造を記す科学者

セラミドとひと口に言っても、その種類は7つ(セラミド1~セラミド7)に分類されます。

■セラミド1
外からの刺激から肌を守るバリアの役割をします。
洗浄力の強い洗顔料で洗い過ぎてセラミドが低下すると、インナードライの一因になることも。

■セラミド2
皮膚の保湿機能に関わり、乾燥を防ぎバリア機能にも関わります。

■セラミド3
ターンオーバーを促進する働きをし、シワの予防に繋がります。

■セラミド4・セラミド5
角質を守り、保護する役割

■セラミド6
セラミド3に似た働きをし、ターンオーバーの促進やシワ予防。

■セラミド7
抗菌や炎症作用を持ち、肌の健康を保つ働きをします。

加齢によって減少が激しいのはセラミド3と6である事が分かっています。
また、アトピーや敏感肌の方は、セラミド1が少ないということです。

ベストチョイスに赤ペンでチェック

化粧品に用いられるのはセラミド1・2・3がほとんどです。
化粧品の成分表にも番号が記載されています。
番号のないものは、セラミドに類似した合成セラミドの場合があります。
また、肌への効果が期待できる一つの目安としては、成分表をしっかり確認するか、価格なら3,000円以上のものを選ぶと良いでしょう。

化粧品に用いられるセラミドの種類

保湿化粧品のシルエット写真

■天然セラミド
動物由来のセラミドで、化粧品に用いられるのは馬由来のものが多いです。
浸透性が高く1~7のセラミドが全て含まれているで、化粧品として肌にとっては今最も理想的なのが天然セラミドと言えますが、量産が難しく高価であるのも特徴です。
⇒天然セラミド配合のリ・ダーマラボの体験レビューはこちら

■植物性セラミド
大豆やトウモロコシから生成される植物由来のセラミドです。
最近では、こんにゃくから生成されたコンニャクセラミドがアレルギーの心配も少なく安価で大量生産できるとして注目を集めています。
⇒コメ由来の植物セラミド配合!フィトリフトを体験しました。

■バイオセラミド
酵母から作られるセラミドで、別名ヒト型セラミドとも言われます。
人間の皮膚が持つセラミドと同じ構造をしており、天然セラミドに近い保湿力や浸透力が期待でき、低価格で安全。化粧品の成分表示には「セラミド1」「セラミド3」「セラミド6」というように表記されています。

先にもお伝えしましたが、
加齢によって減少が激しいのはセラミド3と6である事が分かっており、またアトピーや敏感肌の方は、セラミド1が少ない傾向にあります。

ヒト型セラミドなら「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」「セラミド6」を選ぶようにしましょう。

■合成セラミド(擬似セラミド)
セラミドに似た分子構造の科学合成物質で、働きこそセラミドに似ていますが全く違うものです。
生成段階で添加物が使われています。成分表示には「セラミド」とは表記されず、「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」や「セラミド○○」などで表記されます。安価な化粧品にコレが配合されている可能性が高いです。


保湿成分に加えてバリア機能を高め、ターンオーバーを促進するセラミドを配合したオールインワンゲルはこちらのランキングで!