フレッシュなレモンを持つ女性

不規則な生活をしながら化粧品だけでエイジングケアしようとしても、なかなか満足いく効果や変化は得られないでしょう。

肌は内面と外側の両方のケアが大事です。

スキンケアをシンプルにすると、自然治癒力や肌本来のチカラが向上する傾向にあります。
いくつも使って手厚いケアをし続けると、肌も甘えてしまうのかもしれませんね。

オールインワンで手軽に、そして効果的にエイジングケアするためにも、内面から老化を防ぐ『抗酸化』についてお伝えします。

肌の老化を食い止める多種多様な抗酸化物質について

美肌作りのために、意識して食事に取り入れたいもの。

それは、抗酸化物質を含んだ食品です。

肌の宿敵のひとつ、活性酸素は細胞や組織を傷つけ、シミやシワなどのエイジングの原因になります。

この活性酸素に対抗できるのが、抗酸化力です

人体に備わっている抗酸化力は加齢とともに衰えますが、食品や化粧品で抗酸化物質を取り入れることで補うことができます。

抗酸化力のある食品

抗酸化物質の代表的なものとして、ビタミン類があります。

中でもビタミンA、C、Eの3つがとくに抗酸化力が高く、ビタミンエースと呼ばれます。

ビタミンAは、
レバーやにんじんなどβカロテンも体内でビタミンAに変わります。
油性なので、油と一緒にとるほうが吸収率がよくなります。

ビタミンCは、
美白効果やコラーゲンの合成を助ける効果でおなじみですが、抗酸化力も高く、老化全般を予防します。
果物はもちろん、野菜にも豊富でれんこんやカリフラワーなどに多く含まれます。
果物より野菜からとることを心がけて下さい。

ビタミンE
油性ビタミンで、アボカド、胚芽、かぼちゃなどに豊富。
また植物に含まれるポリフェノールも注目されていて代表的なものはカテキン、イソフラボン、リグナンなどがありいずれも強い抗酸化力をもち、細胞を修復する働きがあります。

また天然の色素カロテノイドも抗酸化力が高く、にんじんやほうれん草、鮭やトマトのリコピンなどがあります。
なにより抗酸化物質はたくさんあり、もたらす効果はさまざまなのでひとつの食品をたくさん取るのではなく、いろいろなものを組み合わせて取り入れましょう。

効率よくビタミンを摂取は肌の代謝を上げる効果も。

野菜をとろうというと生野菜サラダを思い浮かべる人が多いですが、サラダによく使われる色の薄い野菜は、ビタミン含有量が少なめ。 
生だと量も食べられません。

また生野菜は体を冷やし、血行不良や肌の代謝を下げる原因にもなります。
ただし、酵素は48℃を超える加熱で死滅すると言われており、生野菜も適度に摂りたいものです。

かぼちゃ、にんじん、ほうれん草などビタミンの豊富な緑黄色野菜を加熱して温野菜にすると、効率的にたくさんのビタミンが摂取できて、体も冷やしません。
淡色野菜200グラム、緑黄色野菜100グラムを1日の目安に、温野菜サラダや野菜スープなどでとるといいです。

食べ物だけでなく飲みものにも注意!温かいものにしよう

珈琲

水分補給は必要ですが、飲めば飲むほどよいというものではありません。
水分のとりすぎは、代謝をよくするどころかむくみの原因に。

冷たい水は体を冷やし、摂り過ぎると血行を悪くする原因になる事も。

水分補給には温かいハーブティーやそば茶、はと麦茶のようなノンカフェインの飲み物がおすすめです。
緑茶、紅茶、コーヒー、烏龍茶などカフェインを含む飲み物のとりすぎは、体を冷やしたり睡眠リズムを狂わせたりします。
これらは1日合計2杯までで、夜8時以降にとることは控えましょう。

1日のトータルで栄養バランスを摂るという考え方

てっとり早く食事を済ませていると、ごはんやパン、麺類などの炭水化物中心の食生活になりがち。

炭水化物はエネルギー源として欠かせませんが、栄養としては糖質が主体で、タンパク質やビタミン類など、肌に必要な栄養をあまり含みません。
美肌とダイエットのために炭水化物は控えめにして、温野菜やタンパク質(肉か魚)をきちんと取りましょう。

毎食バランスをよくとることは難しいので、1日のトータルでのバランスを考えて。

夜が外食なら昼は手作り弁当に。
昼がパスタなら、夜はごはんを控えて具沢山味噌汁にするなどして調整しましょう。

肉や魚も摂取は大事。目安は1日100グラム。タンパク質はダイエットにも◎

肉や魚の主成分のタンパク質は、肌のハリを支えるコラーゲンの材料になります。
合わせて1日100グラムを目安に、毎日きちんと食べましょう。

カロリーが気になる場合は、豚バラ肉など脂身の多い肉は避けて鶏のささみや白身魚など脂身の少ないものを選びましょう。

肉や魚の代わりに豆腐でタンパク質を取る人もいますが、豆腐からとろうとすると約1丁を摂取する必要があります。
肉や魚のほうが、タンパク質の含有量が高く、効率よく摂取できます。

不足しがちな栄養素はサプリや健康ドリンクで補うのも美を助ける。

またなかなか忙しく充分に栄養素を摂取できない場合、サプリメントや健康ドリンクなども内面の美を助けてくれるので補うのもありです。
ただし、サプリやドリンクに頼りすぎて食事面を厳かにしても良くありません。
あくまで栄養補助食品として、食生活を補助する目的で摂るのをおすすめします。