笑顔の40代女性

「病は気から!」という言葉があるように、気持ちの持ちようは身体にとって大切です。

プラシーボ効果という言葉を耳にしたことはありますか?

気持ちの持ちようで、ほんの少しだけ化粧品の効果を高めたいと思い、こんな記事を書いてみました。笑

悪あがきと言わずに、手間もお金も一切かからない方法なので、良かったら参考にしてみて下さい。

プラシーボ効果(プラセボ効果)とは

プラセボ効果とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言う。

原病やその症状自体の改善というよりは、「薬を飲んでいる」事による精神的な安心感の方が目的となる事もあり…

これも一種の偽薬効果を狙ったもので、患者に安全かつ安息の機会を与える正当な医療行為である。

出典:
ウィキペディア(プラシーボ)

恋愛が女性をキレイにするのと似ている

笑顔で寄り添いながら街を歩く中年のカップル

これに似たようなこととして、

恋をすると綺麗になる。という効果があります。

あなたの周りでも、過去を振り返って「あの子、彼氏できてキレイになったね」とか、「恋をして変わったね」って
言われている人いませんでしたか。

恋をすると、女性ホルモンが活発になるということも分かっているそうですが、周りから見て輝きを放ち、違いを感じさせるのは凄い効果ですよね。

何をするにもまずは気持ちが大切ということではないでしょうか。

化粧品を使うときも、気持ちで効果を高めましょう。

保湿して肌のシットリ感に鏡を見ながら満足する女性
同じように、毎日鏡を見てはため息をついていたり、「私なんて・・・」と思っていては、良いもの食べて良い化粧品を使ったところで、もしかしたら自分自身が効果を消しているかもしれません。

化粧品を使うときも、食事を頂くときも、
「これでまた今日も肌がキレイになる♪」
「カラダの中からキレイになる♪」
というように、自分自身の気持ちの問題ですから、都合よく解釈して自分に暗示を掛けてあげることも美の秘訣にほんの少しは役立つと思いますよ。